menu
閉じる
  1. 食道に炎症が!?それって食道カンジダでは?
  2. セックス以外で性病に!?カンジダの感染経路とは?
  3. 新型カンジダ症!?感染者の6割が死亡!?
  4. 膣トリコモナス症という性病は原虫が原因!
  5. 性器ヘルペスを治したいならバルトレックスが有効!
  6. 性病の淋病や性器クラミジア感染症に効く治療薬とは?
  7. 口の中にカビ!?口腔カンジダ症の症状と治療薬
  8. カンジダに効く市販薬は何があるの?
閉じる
性病カンジタの男性

性器ヘルペスを治したいならバルトレックスが有効!

バルトレックスを勧める医師ヘルペスは、口唇ヘルペスやカポジ水痘様発疹症などを引き起こす単純ヘルペスウイルス1型、性器ヘルペスを引き起こす単純ヘルペスウイルス2型、水痘・帯状疱疹ウイルス、伝染性単核症引き起こすEBウイルス、サイトメガロウイルス、ヒトヘルペスウイルス6型~8型の8種類が人間に感染するとされ、50%~70%の日本人がウイルスを保菌しているとされています。
性器ヘルペスは、性器や性器周辺の浅い潰瘍性や水疱性病変により皮膚の免疫力が低下し、HIVや梅毒、性器クラミジア、淋菌などの性行為感染症に感染しやすくなります。
その為、性器ヘルペスは、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律に基づき第5類感染症の1つとして全国約1,000カ所の性感染症定点医療機関の定点報告対象となっています。
しかし保健所などで無料で行われるHIV検査を目的とする性感染症検査の項目に含まれず、自費で感染の有無を検査する必要があります。

性器ヘルペスは、単純ヘルペスウイルス2型に感染する事で発症し、初感染時には発熱や頭痛などの風邪様相の症状を発症する事もあります。
しかし、無症候性の感染患者が多く、再発を繰り返す度に症状が軽くなる傾向がみられ、適切な処置が遅れ子宮頸管炎や子宮内膜炎、卵管炎、骨盤腹膜炎などの発症リスクを高めるだけでなく、母子感染を引き起こすリスクも高くなります。
長期にわたる子宮感染は、子宮頸癌の前癌病変や子宮頸癌の発症誘因因子の1つとされています。
性器ヘルペスの治療には、DNAポリメラーゼ阻害効果を有するバラシクロビルを主成分とするバルトレックスが処方されています。
バルトレックスの主成分バラシクロビルは、肝臓でアシクロビルに加水分解後、更に酵素チミジンキナーゼによりアシクロビル3リン酸に酸化され、類似骨格を有しウイルス増殖に不可欠なデオキシグアノシン3リン酸と置換される事によりウイルスのDNA合成を阻害し増殖を抑制する医薬効果を発揮します。
バルトレックスは、医薬品の特許期限が過ぎたので日本国内のメーカーからもジェネリック医薬品が製造販売されています。

バラシクロビルは、アシクロビルに必須アミノ酸バリンを付加する事により、上部消化器官の消化吸収による吐き気や腹痛などの副作用を大きく軽減しています。
バラシクロビルは、血漿タンパク結合13%~18%とされ、医薬成分の47%を便として排泄し、40%~50%が腎臓から尿として排泄されます。
そのため腎臓や肝臓などの医薬成分が蓄積されず副作用が少なく、腎臓や肝臓への負担が少ない事から長期服用が可能かつ安全性の高い治療薬です。

ヘルペスは再発する!?何故!?

性器ヘルペスは、1度感染すると症状が完治しても一生涯ヘルペスウイルスの保菌者となってしまい、免疫力の低下時に何度も再発を繰り返します。
ヘルペスウイルスは、外膜エンベロープやカプシドなど細胞の多くが人間の由来の細胞で構成されているので人間の細胞との親和性が極めて高く、三叉神経節や脊髄神経節などの神経節の奥深くに潜伏感染しています。
神経節への潜伏感染は、免疫力や医薬の効果などのウイルスに対する影響がほとんど無くウイルスの生存を可能としてしまう為、現代の医薬品ではヘルペスウイルスの完全に死滅させる事は不可能とされています。

ヘルペスウイルスは、疾患や過剰なストレス、過度の疲労などにより免疫機能が低下すると再活性化し、急激な増殖を繰り返し三叉神経や脊髄神経などの神経に沿って移動し再発を繰り返します。
再発抑制抑制治療は、従来の医薬品に比べ副作用の少ないバラシクロビル力価500mgを1日1回8週間~最大1年間継続服用する事で体内のヘルペスウイルスを約3分の1まで死滅させる効果があるとされています。
再発抑制治療は、性器ヘルペスの再発を1年に6回以上繰り返す患者に対して保険が適用されます。
そのため感染患者の中には更に経済的な負担を減らす為に薬価の安いバルトレックスのジェネリック医薬品を希望する人や再発に備えてジェネリック医薬品を常備薬としている人が増えています。

関連記事

  1. 性病の自覚症状がない男性

    膣トリコモナス症という性病は原虫が原因!

  2. 性病に疑問を持つ男性の像

    性病の淋病や性器クラミジア感染症に効く治療薬とは?

性病最新記事
  1. 食道の感染症
    食道カンジダとは、カンジダアルビカンスによる感染症です。食道の感染症の中でも特に多く見られる病気で全…
  2. 不妊に悩む女性
    セックスで性病にかかったことがあるという人もいるでしょう。いろいろな性病が存在しており、種類によって…
  3. 感染症
    2009年に日本で新型のカンジダ症が発見され、現在ではアメリカやカナダやイギリスをはじめ、世界各国で…
  4. 性病の自覚症状がない男性
    膣トリコモナス症という性病は、トリコモナスという0.1ミリ程度の原虫が原因で起こります。最近では…
  5. バルトレックスを勧める医師
    ヘルペスは、口唇ヘルペスやカポジ水痘様発疹症などを引き起こす単純ヘルペスウイルス1型、性器ヘルペスを…
ページ上部へ戻る