menu
閉じる
  1. カンジダ膣炎に妊娠中になった!?胎児への影響は?
  2. かつては不治の病と言われた性病の梅毒の治療法
  3. カンジダを予防する食べ物とは!?再発防止にも!
  4. 性病になった!?尖圭コンジローマにどこで感染した?
  5. 食道に炎症が!?それって食道カンジダでは?
  6. セックス以外で性病に!?カンジダの感染経路とは?
  7. 新型カンジダ症!?感染者の6割が死亡!?
  8. 膣トリコモナス症という性病は原虫が原因!
  9. 性器ヘルペスを治したいならバルトレックスが有効!
  10. 性病の淋病や性器クラミジア感染症に効く治療薬とは?
  11. 口の中にカビ!?口腔カンジダ症の症状と治療薬
  12. カンジダに効く市販薬は何があるの?
閉じる

性器カンジダ症に悩まされたら治療薬を!

性病カンジタの男性
性器カンジダの最大の症状は陰部の痒みです。自然治癒したと思う場合もありますがカンジダ菌は常に身体の中にいる常在菌なので、疲れが溜まったときなどに再発してしまいます。また、自然治癒を見込んで放置した場合、痒みは我慢できないほどに悪化します。

性器カンジダ症の原因と症状とは?

性病に悩む女性性器カンジダ症は、非常に身近にある疾患と言えます。
その理由は、75%の女性が生涯において経験し、45%の女性は再発を経験するとされるうえ、カンジダ菌を膣内に保有している女性は妊娠していない人で15%、妊婦では30%もいるというデータがあるほどです。
一般的には男性よりも女性の方が圧倒的に発症が多いとされます。

カンジダ菌というのは、ヒトの皮膚・消化管などに常に必ず存在している菌ですので、性器内でカンジダ菌が増えすぎることが原因となって発症してしまうというのは、特に珍しい現象ではないと言えるでしょう。
つまり誰にでも発症する可能性のある、また発症しやすい疾患であるということがいえます。
カンジダ菌は、女性の場合膣のグリコーゲンを栄養として繁殖します。妊娠時やピルの服用時にはそれらの成分によりグリコーゲンが増加しますので注意が必要です。
ただし疾患とは言っても、常在菌としてのカンジダ菌が膣の中に存在するというだけでは性器カンジダ症とは見なされません。もちろん治療の必要もないでしょう。
ただし免疫力が下がっているという問題があって発症した場合には、治療を受ける必要があります。

それでは性器カンジダ症ではどのような症状があるのでしょうか。この疾患は女性と男性とでは異なった様相を呈します。女性の場合は、膣と外性器とに同時に発症することが多いです。
かゆみ・ヨーグルト状のおりものの増加・患部に強い痛みや強い熱を感じる・性交時の痛み・排尿障害などが挙げられます。
男性の場合は亀頭部に発症することが多く、亀頭の歪みやただれ・赤味・小さな水泡・尿道炎などです。ただし男性が性器カンジダ症に罹患するのは稀であると考えられています。
軽はずみにも性器カンジダ症を、当たり前の疾患であるとか大した病気ではないと見なしていると重大な別の疾病を見逃すことにもなりかねません。
性器カンジダ症と思われやすいけれど実は別の病気であるというのには、以下のケースがあります。

まずおりものがある場合を考えてみます。まず膣トリコモナス症が考えられるでしょう。その特徴は、量が多く黄緑色を呈していて、強い異臭があるというものです。
次いで細菌性膣炎が考えられます。この場合は灰色を呈して水っぽい、また魚のような臭いを発するというものです。さらに子宮頸管炎の場合もあり、こちらは薄い黄色を停止粘性があるという特徴があります。

次にかゆみがある場合はどうでしょうか。まず性器ヘルペスが考えられ、その特徴は性器に水ぶくれ・発熱・痛みをともないます。次いで接触性皮膚炎が考えられます。
これは湿疹のひとつで、紅斑または丘疹が現れるのが特徴です。さらに皮膚掻痒症の場合があり、外観的な問題はないもののかゆみが現れるという特徴があります。

こうしたケースがありますので、油断せずに診察を受けて適切な治療を受ける必要があります。
また他の病気であったり単なる炎症の可能性がなければ、後述の通りカンジダ菌が増えすぎないような生活パターンの改善が必要です。
こうした改善によって自然治癒を見ない場合には、炎症が重度である、性器カンジダ症以外の別の病気に罹患した可能性がある、カンジダ菌が増えやすい生活パターンを改善できていない、ということになります。

フルコナゾールという成分の治療薬で改善しましょう!

カプセル剤治療法は、女性の場合は膣錠・軟膏・クリーム・経口錠などが処方される投薬療法となります。男性の場合は、性器を清潔に保つ他、軟膏・クリームの塗布がおこなわれます。
男性の罹患率は女性に比べ非常に低いのですが、包茎の場合は感染率が上がります。
経口錠としては、ジフルカンという薬が用いられます。ジフルカンはファイザー社が開発した抗真菌薬であり、真菌の細胞膜の生合成を阻害して殺菌する効果を持つ成分が含まれています。
カンジダへの効果は非常に高いものとされ、カプセルまたは内服液という形で提供されます。
フルコナゾールはジフルカンの後発薬つまり同じ主成分のジェネリック医薬品で、日本では富士製薬・共和・沢井・日本ジェネリック・サンド・日医工・高田がいずれも同じ成分の製品を製造販売をしています。
この薬は、一般的にはカプセル剤という形で用いられ、ジフルカン・フルコナゾールともに50mgまたは100mgの容量が知られています。
成分表示はジフルカンの場合はフルコナゾール、フルコナゾールの場合はジフルカンと表示されています。
主成分のほかに添加物としては乳頭水和物・トウモロコシデンプン・軽質無水ケイ酸・ステアリン酸マグネシウム・ラウリル硫酸ナトリウム・酸化チタン・亜硫酸水素ナトリウムが用いられます。

ジフルカン(フルコナゾール)の特徴は以下の通りです。まずアゾール系抗真菌薬であり、非常に強力というほどではなく、副作用は少ないです。
カンジダ属またはクリプトコッカス属の真菌に強い抗菌力を示し、吸収が良いので有効成分は肺や髄液に高濃度で移行します。2011年には造血幹細胞移植患者に対する深在性心筋症予防についての効果が認められました。
同時に小児に対する用法用量も設定されました。その後カンジダ膣炎に対する効果効能も取得しています。

ジフルカン(フルコナゾール)の用法はカンジダ症の場合、成人は通常50~100mgを1日1回経口服用します。ただし重症の場合は1日量として400mgまで増量できるとされます。
カンジダ族に起因する膣炎および外陰膣炎の場合は、成人は150mgを1回経口服用します。小児におけるカンジダ症は通常、体重1kgあたり3mgを1日1回経口服用します。
新生児には14日齢までは小児と同用量を72時間ごとに、15日齢以降では同用量を48時間ごとに服用します。
なお腎臓の悪い人や高齢者は薬の排泄が遅れがちになるので、ジフルカン(フルコナゾール)の投与は用量を抑えるなどの配慮が必要です。
また妊娠中・授乳中の女性の服薬は、赤ちゃんの発育に悪影響を引き起こす可能性があるため忌避されます。

ジフルカン(フルコナゾール)を処方するには、腎機能・肝機能の検査と血液検査が必要です。また少ないながら副作用もありえますので、医師の注意にしたがい、該当項目があれば申告するようにします。
ジフルカン(フルコナゾール)は非常に効果の高い薬ですが、症状の程度によっては効果が現れるまでに長期間かかることがあります。
指示された器官は薬を飲み続けることが必要で、自己判断で服薬を止めてしまうと再発が起こったり治りにくくなることが考えられます。
また他の薬同様にジフルカン(フルコナゾール)には飲み合わせに注意すべき薬がたくさん存在します。お互いの成分が干渉し、他に服用している薬の薬効が低下したり副作用が出やすくなるという問題が生じます。
ほかの病気で通う病院や科にも、ジフルカン(フルコナゾール)の効果を発揮させるためにも、服用をしているということを忘れずに申告しなくてはなりません。
なお塗り薬は処方薬・市販薬共にありますが、その主成分はテルビナフィン塩酸塩で、真菌の殺菌・増殖の抑制効果があるアリルアミン系抗真菌剤です。

カンジダ症は自然治癒するの?

性器カンジダ症の検査方法には二通りあります。ひとつは病院で診察を受けること、もうひとつは検査キットでおこなうというものです。
病院では、女性の場合は婦人科・産婦人科で尿検査・膣分泌物検査を受けます。男性の場合は泌尿器科・性病科で尿検査・分泌物検査を受けます。
検査キットの場合は、キットで採取したものを専門機関に提出して検査してもらう方法であり、多忙な人や他人に知られたくない人が手軽に感染の有無を確認できるので便利です。
症状が重い場合は病院または検査キットで診断・確認ができ、病院で服薬を中心に行なうことは前述の通りですが、自然治癒するということはあるのでしょうか。また自然治癒するとするならば、どのような場合でしょうか。

性器カンジダ症のばあいでも症状が軽ければ、自然治癒します。要するに免疫力が低下した時に問題となるレベルになるのですから、免疫力を高める生活を送ることで自然治癒が果たせます。
毎日の食生活で十分な栄養を摂取する、質の良い睡眠を十分に取る、などです。また通気性の良い下着を選ぶのも大事なポイントになります。症状が悪化する前に衣食住にわたる生活環境を整えれば、自然治癒は十分に期待できるはずです。
免疫力が低下すると膣はアルカリ性に傾き、カンジダが増殖しやすくなります。症状が軽ければ免疫力が回復することで膣が酸性に傾き、自浄作用で自然治癒となります。
ただしかゆみが酷かったりおりものの匂いが強いときは重症化していると考えられるので、自然治癒による症状の改善を待たずに病院に行くべきです。
現在ではジフルカン(フルコナゾール)という良い薬がありますので、自然治癒に過度な期待をせず確実な治療と生活パターンや環境を改善することが効果的です。

市販薬にも良い薬は存在しますが、これを利用できるのは再発した人、つまり医師から以前この病気の診断を受け、治療経験のある人ということになります。
その理由は、性器カンジダ症の特徴・症状を理解していることがポイントとなるからです。一度診断を受けていれば誤認する確率が低いので、病院にかかる必要まではないかな、と判断して市販薬を購入するのもメリットがあるでしょう。
テルビナフィン塩酸塩を主成分とする軟膏は入手も容易です。
しかし当然のことながら、この疾患にかかった経験のない人が自己判断だけで市販薬を購入し服用するとしたら、それは効果が薄いばかりか症状の改善、つまり薬の効果は期待できないかも知れません。
むしろ症状を悪化させる可能性すらあります。まずは病院で確実な診断を受けることが重要であり、医師の指導により処方薬を服用する、生活改善を行うことです。

特に再発の場合は、菌の増殖を防ぐ環境が整っていなかったということを意味しますから、生活習慣・パターンなどを衣食住の面から再確認する必要があり、免疫力の低下や菌の増殖を来した原因を確認していく必要があります。
こうした部分のケアができていれば、再発しても原因の特定はできている訳ですから、生活習慣・環境の改善により自然治癒への道が開けます。

再感染?再増殖?性器カンジダ症が再発する理由とは

カンジダ菌は常在菌としてヒトの皮膚や消化管に必ず存在します。もちろん健康な人もカンジダ菌を持っています。したがって感染してしまうというのは第一に自己感染が原因ということになります。
前述の通り性器カンジダ症は免疫力の低下によってカンジダ菌が増殖した時に起こるのですから、治療を受けて治った場合、症状が改善した場合でも、体調不良・疲労蓄積・ストレスなどが引き金になって再発を来します。
また妊娠中や糖尿病などの病気が原因となって免疫力が低下している時も要注意です。また抗生物質やステロイド剤を服用している時など、さらには月経の前後も増殖しやすいと考えられていて、こちらも要注意です。
免疫力を高める生活パターンに改善する、または病院での治療が奏功して症状が治まったとしても、カンジダ菌が何らかの理由で増殖した場合に再発してしまいます。
そのため再発を防ぐには、カンジダ菌が増殖しない環境を作る必要があります。生活パターンの見直し、通気性の悪い下着や衣服は着用しない、抗生物質やステロイド剤を必要以上には用いない、などに気をつけるべきです。

性器カンジダ症の再発には、再感染と体内のカンジダ菌の再増殖という2つの場合が想定されます。こちらは自己感染以外の感染を含みます。
性交渉によってカンジダ菌の感染が起こるということも、少ないケースながら原因のひとつと考えられることです。こちらも免疫力が低下している時には要注意であり、性交渉での感染確率は5~10%であると考えられています。
性器カンジダ症に罹患している時には、性交渉での感染の確率は非常に高まります

シャワー男性の場合は女性と異なり性器が露出していますので、性交渉のあとにシャワーを使ってしっかりと洗えば感染することはほぼありません
包茎の人は洗い流すことができにくいので、包皮内にカンジダ菌が残り、それが原因となって感染に至る、ということが考えられます。
この場合は女性から男性への感染ということですが、反対に男性から女性に感染するケースも多いと考えられます。
したがってパートナーの男性が包茎の場合、根本解決は包茎手術を受けることになるでしょう。さもないとパートナーが包茎の場合は性交渉による再感染が繰り返される可能性があるからです。
反対に女性にとっては、性交渉での感染による再発を防ぐために、石けんなどを用いて女性器をていねいに洗おうとするがあまり過剰に洗ってしまうことでかえって問題が発生します。
もともと膣にはバリア機能が備わっているのですが、このバリアが壊れるとカンジダ菌増殖の原因になってしまうのです。性交渉での感染を予防するには、やはりコンドームの着用が必須であると考えられます。
また腸内にいるカンジダ菌が外陰部を経て膣に侵入して感染するという場合も考えられます。こちらの場合は女性外性器とは反対に、入浴やシャワーの時に肛門およびその周辺を清潔に保つよう洗浄するという方法以外には特に対策はありません。

さらに産道経由での母子感染が原因で発症するというケースもあります。この場合は新生児の口の粘膜に白いコケのようなものができます。
これを鵞口瘡と呼び、非常に特徴的であることから疾患の原因が分かりやすく、早い段階で受診すれば大きな問題にはならないと考えられます。

性病最新記事
  1. 妊娠中の女性
    カンジダ膣炎は何かしらの原因で膣内の酸性度やアルカリ性のバランスなどが崩れることで、カンジダ菌が膣内…
  2. 医療機関の受診
    近年、年齢を問わずに幅広く様々な性病が広がっている事が問題視されています。原因としては避妊具を使…
  3. 玄米
    カンジダは繰り返すことが多く、繰り返すことで慢性化してしまいます。特に膣カンジダは再発する度にし…
  4. ショックを受けるカップル
    近年、世代を問わずに不特定多数との性行為などにより多くの性病(STD)に感染する事例が社会問題となっ…
  5. 食道の感染症
    食道カンジダとは、カンジダアルビカンスによる感染症です。食道の感染症の中でも特に多く見られる病気で全…
ページ上部へ戻る